名古屋の刑事事件で示談 居眠り運転で人身事故

2014-06-16

名古屋の刑事事件で示談 居眠り運転で人身事故

名古屋市中村区在住のトラック運転手のAさんが仕事中に居眠り運転をして自転車と接触事故(人身事故)を起こしてしまいました。
Aさんは事件を早期解決するために愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所に事件を相談に来ました(フィクションです)。

刑事事件の交通事故(人身・死亡事故)事件では、検察官による起訴・不起訴の判断、裁判官の量刑(刑罰の重さ)の判断にあたって、被害者や遺族との示談の成否が大きく影響します。
起訴前の交通事故事件においては、示談によって不起訴処分又は正式裁判を回避できる確率が大きく上がります。
起訴後の示談では、量刑が軽くなり、交通刑務所に行かなくてすむ執行猶予判決の可能性が高まります。
また、被害者側との間で示談が成立すれば、民事裁判で損害賠償請求されることも防げるため、交通事故事件の円満解決につながります。
このように交通事故事件においては、示談成立が事件の早期解決、円満解決のための有効な方法となります。
交通事故事件で被害者や遺族と示談を成立させるためには、被害者側の不安・不満を払拭できるよう誠心誠意をもって粘り強く示談交渉し、加害者側と被害者側が互いに納得できる示談内容にするのが何より大切です。

交通事故事件における示談のメリット
・前科の付かない不起訴処分、正式裁判を回避できる略式罰金の可能性(起訴前の示談の場合)
・刑罰が軽くなり執行猶予の可能性(起訴後の示談の場合)
・示談成立後は釈放・保釈の可能性
・示談書作成により、民事裁判(損害賠償請求)を防げる
人身事故を起こして示談を希望の方は、まずは刑事事件専門の弁護士事務所愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。