援助交際の示談に強い弁護士

2014-04-23

名古屋在住の公務員のAさんが携帯の出会い系サイトで知り合った女子高生Bさんと交際をしていました。Aさんはデートの度にBさんとホテルに行き、お金を払って性行為を行っていました。 Aさんが相談に来て、「私は公務員なので、なんとか事件が大きくなる前に解決したい。できれば前科がつかないように不起訴にしてほしい。そのためにはどうしたらよいか。」と相談をしていました(こちらはフィクションです)。 という前回の相談で、援助交際、児童買春事件の早期解決には示談が有効ということがわかりました。

では、なぜ示談が援助交際の早期解決には有効なのでしょうか?つまり、示談をした場合どのようなメリットがあるのでしょうか?

示談をした場合には次のようなメリットがあります。

・起訴前の示談では、不起訴または事件化せずに解決する可能性が大きくなる

・起訴後の示談では、有罪の際の量刑が軽くなり執行猶予の可能性が大きくなる

・示談成立後は釈放・保釈の可能性が上がる

・示談書作成により、民事裁判(損害賠償請求)を防ぎ事件の完全解決につながる

このように、示談は、加害者のみではなく被害者にも大きなメリットがありますので示談は援助交際、児童買春事件の早期解決には有効ということがわかりました。

それでは、示談金の相場はどれくらいでしょうか?

示談金の額は事件の具体的内容や当事者の置かれている状況によって大きく異なります。

援助交際、児童買春事件の示談金は数万円~数十万円くらいになることが多いですが、このような金額はあくまでも目安です。事案によってもっと増える場合もありますし、もちろん少ない場合もあります。

詳しく知りたい方は援助交際、児童買春事件に強い名古屋の示談交渉に優れている弁護士、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士に相談しましょう。