盗撮事件を示談で解決

2014-04-16

盗撮事件の早期解決には示談が有効ということがわかりました。
では、なぜ示談が盗撮事件の早期解決には有効なのでしょうか?

つまり、示談をした場合どのようなメリットがあるのでしょうか?

示談をした場合には次のようなメリットがあります。
・起訴前の示談では、不起訴または事件化せずに解決する可能性が大きくなる
・起訴後の示談では、有罪の際の量刑が軽くなり執行猶予の可能性が大きくなる
・示談成立後は釈放・保釈の可能性が上がる
・示談書作成により、民事裁判(損害賠償請求)を防ぎ事件の完全解決につながる

このように、示談には、加害者のみではなく被害者にも大きなメリットがありますので示談は盗撮事件の早期解決には有効ということがわかりました。

では、次に示談金についてです。

示談をする際には示談金を払うのが一般的です。

では、示談金の相場はいくらでしょうか?

示談金の額は事件の具体的内容によって大きく異なります。
痴漢・盗撮などの条例違反事件では10~50万円くらいが示談金の相場となっています。このような金額はあくまでも目安です。
詳しく知りたい方は名古屋の示談交渉に優れている弁護士、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士にご相談下さい。