名古屋の交通事故・交通違反事件 無免許運転で不起訴をとる弁護士

2014-06-25

名古屋の交通事故・交通違反事件 無免許運転で不起訴をとる弁護士

名古屋市守山区在住の会社員Aさんは、免許の期限が切れているにもかかわらず、名古屋市守山区の県道を運転してしまいました。
Aさんは、愛知県警守山警察署に無免許運転の罪で現行犯逮捕されました。
Aさんの家族が弁護士事務所に相談に来ました。
Aさんの家族は、不起訴処分を希望しています(フィクションです)。

不起訴処分獲得の弁護活動
不起訴処分は、交通事故・交通違反事件を起こしていないのに容疑者にされてしまった人はもちろん、無免許運転などの交通犯罪を犯してしまった犯人でも認められることがあります。
不起訴処分は、交通事故・交通違反事件の内容、被害弁償・示談等の犯罪後の事情、本人の謝罪・反省状況と被害者側の処罰感情などを総合考慮して検察官が判断します。

ですので、交通事故・交通違反事件で不起訴処分を勝ち取るためには、弁護士を通じて検察官に対して、交通事故・交通違反の証拠が不十分であること、容疑者のアリバイ、被害弁償、示談成立、被害届の取下げなどの容疑者に有利な事情を主張していくことが非常に重要となります。

無免許運転における不起訴処分獲得の弁護活動
嫌疑なし・嫌疑不十分の不起訴処分獲得
身に覚えがないにもかかわらず、無免許運転の容疑をかけられてしまった場合は、警察や検察などの捜査機関に対して、嫌疑なし又は嫌疑不十分の不起訴処分を主張していく弁護活動を行います。

具体的には、アリバイや真犯人の存在を示す証拠を提出したり、速度測定器の誤作動、整備不良、設置・操作上のミスを指摘することで無免許運転を立証する十分な証拠がないことを主張していきます。

起訴猶予の不起訴処分
無免許運転をしたことに争いがない場合には、起訴猶予による不起訴処分を獲得するための弁護活動を行います。

具体的には、違反行為の態様、経緯や動機、回数や頻度、交通違反歴などを慎重に検討して、容疑者に有利な事情を捜査機関に対して主張していきます。
無免許運転の再犯防止のための具体的な取り組みや環境作りができていることを主張することも重要となります。

無免許運転不起訴処分を勝ち取るためには、捜査の初期段階から適切な弁護活動を行うことが有効です。
交通事故・交通違反事件の不起訴処分実績が豊富な愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。