名古屋の交通事故・交通違反事件 無免許運転で釈放

2014-06-25

名古屋の交通事故・交通違反事件 無免許運転で釈放

名古屋市守山区在住の会社員Aさんは、免許停止中にもかかわらず、名東区の県道で無免許運転をしてしまいました。
後日、Aさんは愛知県警名東警察署に逮捕・勾留されてしまいました。
Aさんの家族が弁護士事務所に相談に来ました。
Aさんの家族は、一刻も早くAさんが警察署から釈放されることを希望しています(フィクションです)。

無免許運転で身柄解放
無免許運転などの交通事故・交通違反事件で逮捕・勾留されると、逮捕・勾留された加害者・容疑者は、その瞬間から外部との連絡が制限されてしまいます。
留置施設での生活を強いられ、会社や学校にも行くことができなくなります。
さらに、逮捕・勾留が長引けば、交通事故・交通違反を起こしたことが周囲の人に知られたり、会社・学校から解雇や退学などの懲戒処分を受ける危険が高まります。

しかし、検察官や裁判官が「釈放」を認めれば、留置場から出ることができます。

釈放とは、適法な事由に基づき、刑事施設に収容されている在監者の身柄拘束を解くことをいいます。
釈放されれば、無免許運転などの交通事故・交通違反事件で逮捕・勾留された加害者・容疑者でも、身体拘束から解放されるため、会社や学校に復帰することが可能になります。
また、早期の釈放が認められれば、交通事故・交通違反を周りの人に知られずに済む可能性もあります。
さらに、釈放されれば自宅に戻ることができるため、事件解決や裁判に向けて十分な準備をすることもできます。

交通事件における釈放のメリット
交通事故・交通違反事件が周りの人に知られずに済むことが多い
会社や学校を辞めずに済む可能性がある
交通事故・交通違反事件の解決や裁判に向けて十分な準備ができる

無免許運転で逮捕・勾留されてしまったら、できる限り早く交通事故・交通事件に精通した弁護士に相談をしてください。
交通事件に精通した弁護士に釈放に向けた弁護活動をしてもらうことで、釈放の可能性を高めて会社や学校などへの社会復帰を促すことができます。

無免許運転釈放をご希望の方は、交通事故・交通違反事件の経験が豊富な愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談ください。