名古屋の性犯罪事件 早期釈放・早期示談で事件を秘密に

2014-09-05

名古屋の性犯罪事件 早期釈放・示談で事件を秘密にしてほしい

名古屋市名東区在住の会社員Aさんは、売春をあっせんしたとして売春防止法違反の容疑で愛知県警名東警察署逮捕されました。
Aさんのご家族が弁護士事務所に無料法律相談に来ました。
Aさんのご家族は、「Aさんはまだ仕事を始めたばかり。会社に事件のことが知られてしまっては困る。どうすることが一番良いのか。」と弁護士に相談しています(フィクションです)。

事件が知られると・・・~
逮捕勾留されたり刑事事件に巻き込まれると、事件のことが職場や学校に知られてしまう可能性が出てきます。
事件が知られてしまうと、懲戒処分や解雇、退学などの社会的制裁を受ける事態が発生してしまいます。

事件のことを秘密にするには?
刑事事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では以下のような弁護活動を行い、社会的制裁を回避し早期の社会復帰できるよう尽力します。

早期の釈放
事件が知られてしまう原因の一つとして、長期間の欠席・欠勤が挙げられます。
逮捕勾留されると、1つの事件について最大23日間身柄拘束されるので、最大23日間は会社や学校に行くことが出来ません。
ですので、事情を隠したまま職場や学校を休み続けることが困難となってしまうのです。
長期間の欠席・欠勤を防ぐためには、弁護士を通して釈放してもらう必要があります。
早期の釈放を実現するには、スピードが大切です。
逮捕後すぐに弁護士に相談することが望ましいです。

早期の示談
早期に示談できれば、釈放される可能性が高くなります。
また、示談と同時に被害届の取下や告訴取消を得られれば、不起訴処分獲得の可能性も出てきます。
・報道、公表されないよう捜査機関への働きかけ
いずれにせよ事件を秘密にするには刑事事件に強い弁護士による迅速かつ的確な弁護活動が不可欠です。
売春事件を犯してしまったら刑事事件に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。