名古屋の薬物事件 危険ドラッグで不起訴処分獲得

2014-08-06

名古屋の薬物事件 危険ドラッグで不起訴処分獲得

名古屋市中区在住のAさんは、インターネットを通じて購入した危険ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)を吸いました。
そして、吸引後、車を運転していたAさんは、だんだん意識がもうろうとなり名古屋市区中区の交差点で対向車と衝突事故を起こしました。
衝突のした車に乗っていた被害者は重症です。
Aさんは、現場に駆け付けた愛知県警中警察署に逮捕されました(フィクションです)。

Aさんのケースと似た事故が名古屋市中区大須2丁目交差点で起きました。
危険ドラッグを吸ったとみられる影響で正常な運転ができない状態で軽乗用車を運転した疑いで無職の男が逮捕されました。
さらに、名古屋市東区の交差点でも、危険ドラッグを吸って車を運転し追突事故を起こし、相手の車の運転手に軽傷を負わせたとの容疑で男が逮捕されました。
このように最近、脱法ドラッグと呼ばれていた危険ドラッグによる事件・事故が後を絶ちません。

薬物事件の弁護活動
愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所まで、薬物事件が発生したら以下の弁護活動を行います。

違法な薬物であることの認識を否定して不起訴処分又は無罪判決を獲得する!
薬事法違反事件においては、犯行当時に違法な薬物、危険ドラッグであることの認識(故意)があったかどうかが犯罪の成否を分ける重要なポイントになります。
薬事法上指定薬物として規定されている、すなわち危険ドラッグであることを知らなかったこと、思わなかったなどを客観的な証拠に基づいて具体的に主張します。
故意がなかったという主張が認められれば、薬事法違反は成立しないので、嫌疑なし又は嫌疑不十分による不起訴処分又は起訴されても無罪判決を獲得することができます。

量刑を軽くするよう働きかけます
・業務性が希薄であること
・薬物への依存性又は常習性がないこと
・初犯であること
・再犯の危険がないこと(監督者がいること、専門治療を受診するなど)
・共犯者間で従属的な立場であったこと
などを説得的に裁判官に主張していきます。

身柄解放に向けた活動を行います
逃亡や証拠隠滅の危険がないことや逮捕手続に重大な違法があることなどを主張します。
勾留決定の阻止や保釈の実現などに向けた活動を行います。

危険ドラッグを所持する等の薬物事件を起こしてしまったら、刑事事件専門の愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。