名古屋市の大麻取締法違反事件で逮捕 勾留の弁護士

2015-05-17

名古屋市の大麻取締法違反事件で逮捕 勾留の弁護士

名古屋市中村区在住30代無職Aさんは、愛知県警中村警察署により大麻取締法違反の容疑で逮捕、起訴されました。
同署によると、Aさんは、大麻草とみられる植物を栽培したり、吸引したりする様子をツイッターに投稿していたため事件が発覚したそうです。

今回の事件は、平成27年4月27日の産経WESTの記事を基に作成しています。
ただし、地名、警察署名は変えてあります。

~大麻取締法違反罪について~

大麻取締法違反罪で裁判になった場合、初犯の単純所持や譲り受けを除けば実刑判決を受けることが多く見られます。
また、営利目的が認められれば初犯であっても実刑判決の可能性が極めて高くなります。
大麻などの薬物犯罪で検挙された被疑者や犯人は、逮捕・勾留されるケースがほとんどです。

勾留に関する弁護活動としては、
勾留を阻止する弁護活動
勾留決定に対する不服申立て
保釈を実現する弁護活動
などがあります。

~判例の紹介~

紹介する判例は、平成14年11月29日、東京地方裁判所で開かれた麻薬及び向精神薬取締法違反、大麻取締法違反被告事件です。

【事実の概要(一部抜粋)】
被告人は、被告人方において、大麻を含有する樹脂状固形物0.414グラム及びMDMA塩酸塩を含有する錠剤0.532グラムを所持した。

【判決】
懲役2年
執行猶予4年

【量刑の理由】
被告人に有利な事情
・被告人が、本件各事実をいずれも素直に認めて反省の態度を示していること
・マジックマッシュルームについては、購入時点ではその所持が違法とはされていなかったこと
・被告人が再犯に及ばないと誓っていること
・被告人の勤務する大学の上司等が被告人のために出廷したこと

大麻取締法違反事件でお困りの方は、勾留に強い愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にお任せください。
勾留阻止・勾留取消を実現すべく、刑事事件専門の弁護士が迅速に弁護活動を行います。
なお、愛知県警中村警察署に勾留されている場合、初回接見サービス(3万3100円)もおすすめです。