名古屋市の盗撮事件 愛知県警中村警察署が逮捕 示談交渉に優れた弁護士が解決

2014-11-11

名古屋市の盗撮事件 愛知県警中村警察署が逮捕 示談交渉に優れた弁護士が解決

名古屋市昭和区在住50代男性会社員Aさんは、JR名古屋駅のホームで通学途中の女子高校生のスカートの中を盗撮していました。
Aさんはパトロール中の鉄道警察隊員に愛知県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕されました。
現在は、愛知県警中村警察署に留置されています。
事件を聞いたAさんのご家族は、すぐに刑事事件に強い弁護士事務所無料法律相談に来ました(フィクションです)。

~示談で解決~

示談は、事件の早期解決のための有効な方法です。
特に、起訴前や未だ被害届が出されておらず事件化していない事件においては、示談によって不起訴又は事件解決になる確率が大きく上がります。
もちろん起訴後の示談も有効で、量刑(刑の重さ)が軽くなります。
被害者の不安・不満を払拭できるよう誠心誠意をもって示談交渉することが示談成功のカギです。

~示談をするには…早い段階で示談交渉に優れた弁護士に任せましょう~

被害者との示談交渉は、弁護士を入れて行うのが一般的です。
警察・検察は、民事不介入という原則によって示談交渉を取り次いではくれないからです。
加害者・犯人側がたまたま被害者の連絡先を知っていた場合でも、被害者の加害者・犯人に対する恐怖や憎悪から、当人同士の示談交渉は難航するケースが多く見受けられます。
事件当事者による示談では、法律的に不十分または無効であったために、後日争いが蒸し返されるケースもあります。
示談交渉に優れた弁護士に依頼することで、法律的な見地から、安全確実に示談の成功率を上げることができるのです。
弁護士による法律的サポートのもとで、加害者と被害者が互いに納得できる示談をするのが何より大切です。

~示談のメリット~

・起訴前の示談では、不起訴または事件化せずに解決する可能性が大きくなる
・起訴後の示談では、有罪の際の量刑が軽くなり執行猶予の可能性が大きくなる
・示談成立後は釈放・保釈の可能性が上がる
・示談書作成により、民事裁判(損害賠償請求)を防ぎ事件の完全解決につながる

~示談金額の相場~

示談金の額は事件内容によって大きく異なります。
慰謝料が絡む性犯罪の示談においては、痴漢・盗撮などの条例違反事件では10~50万円、強制わいせつ事件だと50~100万円くらいが示談金の相場となっています。
しかし、犯行態様によっては、示談金が100万円を超える事案もあります。
また、強姦事件では、示談金の相場は100~300万円くらいと言われていますが、500万円を超える場合もあります。

盗撮事件を犯してしまった場合は、愛知県迷惑行為防止条例違反事件の弁護実績多数の愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談下さい。
経験豊富で示談交渉に強い弁護士が、即日対応致します。