【桑名市の刑事事件】強制性交等罪で逮捕 性犯罪なら弁護士に無料相談

2018-11-09

【桑名市の刑事事件】強制性交等罪で逮捕 性犯罪なら弁護士に無料相談

~ケース~

桑名市内の会社に務める女性Aさんは、出会い系アプリで知り合った未成年の男子中学生Vさんと桑名市内のA宅にて性交渉をした。
その際、Aさんは嫌がるVさんを押さえつけ、無理矢理性交渉に及んだ。
後日、Aさんは強制性交等罪の容疑で逮捕され、三重県警察桑名警察署に留置された。
(このストーリーはフィクションです)

~強制性交等罪の主体~

強制性交等罪は刑法177条に規定されており、「13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。」としています。

同条にいう、暴行・脅迫とは、強制わいせつ罪と同様に相手方の反抗を著しく困難にする程度のものをいいます。
上記のケースでは、AさんはVさんを押さえつけ無理矢理性交渉をしているので、Vさんの反抗を著しく困難にする程度の暴行をしていると判断される可能性が高いです。

また、強制性交等罪における「性交等」とは、性交、肛門性交又は口腔性交をいいます。
「性交」には、男性が女性の被害者の膣内に陰茎を挿入する行為だけでなく、女性が男性の被害者の陰茎を膣内に挿入させる行為をも含みますので、女性であるAも加害者となり得ます。

そして13歳未満の者と性交をした場合には、たとえ承諾があったとしても、強制わいせつ罪と同様、強制性交等罪が成立することになります。
強制性交等罪は法定刑が「5年以上の有期懲役」と非常に刑が重いです。
しかしながら、示談や、性交に至るまでの経緯などの事情によっては、不起訴処分となるケースがあるので、早期に弁護士に依頼し、適切な対応をすることが大切です。

強制性交等罪に罪名が変更される前の強姦罪では、前科1犯ある者が、懲役5年の実刑判決となった裁判例があります。

強制性交等罪事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回無料相談も行っておりますので、まずはお気軽にお電話ください。
ご予約・その他のお問い合わせは、0120-631-881で受け付けております。
三重県警察桑名警察署の初回接見費用 40,500円)