名古屋の交通事故・交通違反事件 無免許運転で保釈に強い弁護士

2014-06-26

名古屋の交通事故・交通違反事件 無免許運転で保釈に強い弁護士

名古屋市熱田区在住のAさんは、免許の有効期限が切れているにもかかわらず、県道を運転してしまいました。
Aさんは、無免許運転の罪で愛知県中村警察署に逮捕・勾留され、名古屋地方裁判所に起訴されました。
Aさんには無免許運転の前科があります。
Aさんの家族が、弁護士事務所に相談に来ました。
Aさんの家族は、Aさんの保釈を求めています(フィクションです)。

無免許運転で保釈
無免許運転で逮捕・勾留されている容疑者が起訴されて正式裁判にかけられた場合には、裁判段階においてもほとんど自動的に勾留による身柄拘束が継続されてしまいます。
そのため、裁判中も学校や会社に行くことは出来ず、留置場での生活を強いられます。

この起訴後の裁判段階における釈放手続きで最も多く使われているのが保釈です。

保釈とは、一定のお金(保釈金といいます)を裁判所に預けることを条件に、勾留の執行を停止し、被告人の身柄拘束状態を解く制度です。
保釈は、起訴「後」のみ認められており、起訴「前」の保釈は認められていません。

無免許運転で勾留されている被告人も、保釈が認められれば、身柄拘束から解放されるため、会社が学校に復帰することができます。
普段通りの生活を送ることが可能になるのです。
また、保釈されれば、自宅に戻ることができるため、事件解決や裁判に向けて十分な準備ができ、家族のもとで安心して裁判にのぞむことができます。

交通事件における保釈のメリット
交通事故・交通違反事件で裁判になっても、会社や学校に戻れる可能性がある
示談や、打合せなどの裁判準備が十分にできる
家族のもとで安心して裁判にのぞめる

無免許運転で逮捕・勾留されたまま起訴されてしまったら、できるだけ早く交通事故・交通違反事件の保釈が得意な弁護士に相談してください。
保釈の得意な弁護士に依頼することで、保釈による身柄解放の成功率を上げることができます。

無免許運転で逮捕・勾留されたまま起訴されてしまって保釈をご希望の方は、交通事故・交通違反事件の保釈が得意な愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談ください。