名古屋の迷惑防止条例違反事件 客引き行為で現行犯逮捕!逮捕直後の活動に強い弁護士

2014-10-25

名古屋の迷惑防止条例違反事件 客引き行為で現行犯逮捕!逮捕直後の活動に強い弁護士

Aさんは、名古屋市中村区の名古屋駅前で風俗店の客引き行為をしていました。
愛知県警中村警察署は、Aさんの客引き行為を現認し、「迷惑行為防止条例違反」容疑でAさんを現行犯逮捕しました。
Aさんのご家族が弁護士事務所無料法律相談に来ました(フィクションです)。

~客引き行為~

夜の繁華街を歩いていると、風俗店など夜のお店の客になるよう声をかけられたことはありませんか?
このような客引き行為は、愛知県の迷惑行為防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)の規制対象となります。

公共の場所において、不特定多数の者に対し、
・人の性的好奇心をそそる見せ物若しくは物品若しくは人の性的好奇心に応じて人に接触する役務等について客引きすること
・売春類似行為をするため、客引きをすること
等を規制しています(迷惑行為防止条例違反第7条参照)。

法定刑は、100万円以下の罰金です。
ただ、常習として客引き行為を行うと、6月以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

~逮捕って?~

逮捕とは、被疑者の逃亡防止と証拠隠滅の防止のために行われる身体拘束手続をいいます。
◆通常逮捕
通常逮捕とは、裁判官から令状をもらって逮捕する場合をいい、逮捕の通常形態です。
◆現行犯逮捕
現行犯逮捕とは、現行犯人に対して、誰でも、令状なしに逮捕する場合です。
Aさんのケースも、警察がAさんの犯行を直接現認しているので、現行犯逮捕が可能です。
◆緊急逮捕
緊急逮捕とは、一定の重大犯罪で、高度の嫌疑があり、緊急性が認められる場合に、令状なしに逮捕する場合です。
ただ、現行犯逮捕とは違い、逮捕後直ちに令状を求める手続きをしなければなりません。

~逮捕段階の弁護活動~

・小まめな接見と綿密な打ち合せ
・勾留阻止など釈放に向けた活動
・接見禁止の解除申立てなど家族との面会実現に向けた活動
・示談交渉など事件の早期解決に向けた活動
・不起訴又は軽い処分獲得のための活動

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、
・少しでも早く社会復帰できるよう
・不利な証拠が作成されないよう
・精神的負担が軽くなるよう
・処分が軽くなるよう
弁護士が被疑者又はその家族に寄り添いサポートします。
初回は無料で法律相談を行います。
迷惑行為防止条例違反など刑事事件を起こしたら、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談ください。