名古屋の性犯罪事件 児童ポルノで名古屋の中村警察が逮捕

2014-08-20

名古屋の性犯罪事件 児童ポルノで名古屋の中村警察が逮捕

名古屋市中村区在住の会社員Aさんは、女子高校生(16歳)のポルノ画像をインターネット上に掲載し、誰でも見られる状態にしました。
通報を受けて捜査を開始した愛知県警中村警察署は、後日、Aさんを児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑通常逮捕しました。
Aさんのご家族が、弁護士事務所無料法律相談に来ました(フィクションです)。

児童買春・児童ポルノ禁止法違反について
Aさんがインターネットに掲載したわいせつな画像の対象は、18歳未満の女児でした。
このように、わいせつな画像や動画の対象が18歳未満の未成年であった場合には、わいせつ物頒布等罪ではなく、それよりも法定刑の重い児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪に問われます。

具体的には、
・児童(18歳未満)のわいせつな画像・動画等を提供する行為
・提供する目的で、製造・所持等をする行為
・単純に製造する行為
は処罰され、法定刑は3年以下の懲役または300万円以下の罰金です。

・不特定多数人に児童(18歳未満)のわいせつな画像・動画等を提供・公然陳列する行為
・不特定多数人に提供・公然陳列する目的で、製造・所持等をする行為
も処罰され、法定刑は5年以下の懲役または500万円以下の罰金です。

そして、児童ポルノの摘発件数が増加する中、平成26年6月には自己使用目的での児童ポルノ所持も処罰対象になりました。
自己の性的好奇心を満たす目的で児童ポルノを所持した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。

児童ポルノ事件の弁護活動
◆画像の対象が18歳未満の未成年者だと分からなかった、知らなかったことを主張します。
このような事情が認められると、児童買春・児童ポルノ法禁止法違反罪は成立しません。
ですので、このような事情がある場合には、弁護士が客観的な証拠に基づき主張し、不起訴処分を求めていくことになります。
◆被害者対応(被害弁償・示談交渉)を行います。
示談を締結し、被害者の処罰感情が緩やかになれば、不起訴処分により前科がつかなくる可能性が出てきます。
弁護士を通して、粘り強く示談交渉をしてもらうことが大切になります。
早期釈放に向けた活動を行います。

児童ポルノ事件を起こしてしまったら、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。
性犯罪の経験豊富な弁護士が無料法律相談を行います。