愛知の安城市の詐欺事件 振り込め詐欺で逮捕 初回接見に向かう弁護士

2014-08-20

愛知の安城市の詐欺事件 振り込め詐欺で逮捕 初回接見に向かう弁護士

愛知県安城市在住のAさんのご家族が、弁護士事務所に相談に来ました。
Aさんのご家族の相談は以下のものでした。
「今日、自宅に愛知県警安城警察署が来て、Aさんを逮捕し連れて行ってしまった。愛知県警安城警察署がいうには、安城市内で発生したオレオレ詐欺の犯行グループにAさんも含まれていたとのことです。それ以上のことは教えてくれませんでした。」
Aさんの家族は突然の逮捕に不安でたまりません(フィクションです)。

Aさんと面会したい!
詐欺容疑逮捕されると逮捕された容疑者は、48時間以内に検察庁の検察官のもとに送られます。
そして、検察官は、24時間以内に容疑者を釈放するか否かを決め、勾留する場合は裁判所に勾留請求をします。

この逮捕されてから勾留が決定するまでの最大72時間は、ご家族や友人は容疑者と面会することができません。
勾留決定後は、接見禁止決定がない限り、ご家族や友人も面会することができます。

しかし、ご家族や友人が面会できても様々な制限があるのです。
◆時間制限がある
休日や夜間の面会はできません。
平日の昼間等に面会できても、一回15分~20分程度等の時間制限がある場合が多い。
◆警察官の立会いがある
1対1での面会はできません。
また、立会いの警察官により会話の内容が記録されます。

弁護士との接見は制限なし!
ただし、弁護士であれば、ご家族や友人との面会とは違い、制限を受けずに面会(接見)することができます。

◆休日夜間を問わず接見できます。
◆接見時間の時間制限もありません。
◆警察官の立会いがありません。
弁護士との接見には、立会いがなく1対1で面会ができます。
犯人との秘密の会話が保障されているので、犯人は言いにくい事件の内容等も自由に話すことができます。

また、家族や友人が面会できない逮捕後の最大72時間の間は、弁護士のみが面会できます。
この逮捕直後の弁護士との面会は、取調べに適切に対応するための助言を受ける機会として非常に重要な意味があります。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、初回接見サービスを行っております。
逮捕直後に逮捕された方のもとへ会いに行き、適切な助言を行います。
ご家族や友人が詐欺事件を起こして逮捕されたら、愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。