【大府市の刑事事件】窃盗罪で逮捕 示談には刑事専門の弁護士に相談

2018-07-27

【大府市の刑事事件】窃盗罪で逮捕 示談には刑事専門の弁護士に相談

20代男性のAさんは、大府市内のコンビニでに勤めています。
ある日、勤め先でAさんは、店長のVさんが短時間外出していた間に、商品棚からたばこを1カートン取り出して自分のカバンに入れ、バイト後に店外に持ち出しました。
在庫の確認をしていたVさんが気づいたため、愛知県警察東海警察署に通報し、Aさんは窃盗罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~窃盗罪について~

刑法235条では、「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし…」と規定しています。
ここで指す「窃取」する行為とは、他人の占有を侵害する行為をいいます。
今回のケースでは、犯行時店長Vは外出しており、実質的に店を管理していたのはAさんといえるため、Aさんが店内の商品を窃取する行為は他人の占有を侵害していると言えるかどうかが問題となります。

上記事例のようにな場合、判例では、「商店内の商品は商店主に占有がある(大判大7.2.6)」としています。
その理由は、Aさんのような店員は、商店において店主に手足として管理の補助をしているにすぎないとしているからです。
そのため、今回の上記事例のAさんは、店長のVさんが占有しているたばこを窃取したとなり、窃盗罪となり得るとなるでしょう。

窃盗罪の法定刑は、「10年以下の懲役または50万円以下の罰金」と重い刑罰も十分「考えられるため、少しでも刑を軽くしてもらうためにも、早期に弁護士に相談し弁護活動をしてもらうことが重要です。

~刑事弁護活動:示談~

今回のような窃盗罪の場合、被害者と示談交渉をして被害弁償と謝罪をしていくことが、不起訴処分を目指したり重い刑罰を避けたりする上で有効です。
そのため、示談交渉の経験豊かな弁護士を通じて、少しでも早く被害者との示談に動いてもらうことをお勧めします。
また、もし身柄を拘束されているような場合には、被害者の方への被害弁償および示談を行うことで、身柄解放の可能性も高まります。

ご家族が突然、窃盗罪逮捕されてしまいお困りの方、被害者との示談をお考えの方は、ぜひ一度、刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
愛知県警察東海警察署:初回接見費用37,800円)