Archive for the ‘ブログ’ Category

愛知県春日井市のスマホの画面操作による過失運転致死事件 減刑目指すなら刑事事件専門の弁護士

2017-12-13

愛知県春日井市のスマホの画面操作による過失運転致死事件 減刑目指すなら刑事事件専門の弁護士

愛知県春日井市で昨年8月、岐阜県在住の20代の被告人Aさんは、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を起動しながら車を運転し、運転中にスマホ操作に気をとられてしまったことにより、自転車で横断歩道を渡っていた近所の20代女性Vさんをはね、死亡させてしまうという死亡事故を起こしたとして、過失運転致死罪で、名古屋地裁より「禁錮2年6月」の実刑判決を受けていました。
その後、9月26日には控訴審の判決公判があり、名古屋高裁は「危険な運転で、過失は非常に大きい」として、Aさん被告側の控訴を棄却し、一審の実刑判決は「不当とはいえない」と判断しました。
(9月27日の中日新聞掲載の記事です。)
 
~スマートフォンと交通事故~

警察庁は、自動車の運転中に、携帯電話やスマートフォンを使うことが交通事故につながると警鐘を鳴らしています。
2016年(平成28年)に、携帯電話が原因となった交通事故は1,999件発生しており、5年前と比較すると1.6倍に増加しているそうです。
特に、上記記事のAさんのように携帯電話やスマートフォンの画面を見ながら操作する「画像目的使用」による事故が多く、「画像目的使用」による事故は、2016年には927件で、その内17件は死亡事故となっており、「画像目的使用」による事故は、死亡事故につながる可能性が高く問題視されています。

上記記事のAさんのように、交通事故によって被害者が死亡してしまった場合、過失運転致死罪となり「7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金」となります。
また、悪質で危険性の高い運転行為を伴う死亡事故については、より法定刑の重い危険運転致死罪となり「1年以上20年以下または15年以下の懲役刑」となることもあります。
過失運転致死罪で起訴されてた場合の過去の量刑を見てみると、罰金20~70万程度、あるいは執行猶予付き判決3~4年程度となることが多いようですが、事情によっては、3年程度の実刑判決となることもあるようです。
そう考えると、上記記事のAさんには、非常に重い罰が科せられたことが分かります。

交通死亡事故は、事故を起こしてしまうと、警察に逮捕されて身柄を拘束されるケースが多くなりますが、もし逮捕されてしまった場合でも、その後に適切な弁護活動を行ってもらうことで、早い段階で釈放されるケースが少なくありません。
また、交通死亡事故で裁判になった場合においても、被害者遺族との間で被害弁償又は示談をしたり、運転の態様や不注意(過失)の程度などから被告人に有利な事情を主張・立証することで、減刑及び執行猶予付き判決を目指していきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
過失運転致死罪で逮捕されお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警察春日井警察署 初回接見費用39,200円)

名古屋市中区の強制わいせつ事件で逮捕 事件解決には弁護士に相談

2017-12-12

名古屋市中区の強制わいせつ事件で逮捕 事件解決には弁護士に相談

30代男性のAさんは、同じ駅を利用しているVさんに目をつけ、100メートルほどにわたってVさんの後をつけ、人気のない路地でVさんを建物の中に連れ込もうとし、VさんはAさんに後ろから抱きつかれたため、振りほどこうとして転倒してしまいました。
その際に、AさんはVさんに顔を見られたかもしれないと、慌てて現場から逃げましたが、後日、Aさんは愛知県警察中警察署の警察官に強制わいせつの容疑で逮捕されてしまいました。
(9月27日の産経ニュースを基にしたフィクションです。)

~強制わいせつ罪と刑法改正~

強制わいせつ罪とは、13歳以上の者に対して暴行や脅迫を用いてわいせつな行為を行った場合や、もしくは、13歳未満の者に対してわいせつな行為を行った場合に適用される罪のことです。
被害者が13歳未満である場合は、暴力や脅迫を用いていない場合や、承諾があった場合などでも強制わいせつ罪は成立することに注意が必要です。
また「強制わいせつ」とは、暴行・脅迫の程度は、被害者の意思に反してわいせつな行為を行うに足りる程度の暴行・脅迫であれば足りると解されています。
そのため一瞬の行為で、相手が抵抗をすることが困難な行為の場合にも、強制わいせつ罪が成立する可能性があり、具体例としては、後ろから抱きつく、すれ違いざまに胸を揉む、下着の中まで手を入れて触る行為などが挙げられます。

強制わいせつ罪の法定刑は、「6月以上10年以下の懲役に処する(刑法176条)」となっており、罰金刑の規定はありません。
過去の量刑を見てみると、初犯であれば、3~4年程度の執行猶予判決となることが多いようですが、同罪の前科前歴のある場合ですと、1年4月~2年4月程度の実刑判決となってしまう可能性が高いようです。
また今後、強制わいせつ罪で最も注意すべき点として、平成29年7月から「非親告罪」になったという点です。
今までは、強制わいせつ罪は「親告罪」とされていたので、被疑者を起訴するためには、被害者からの告訴が必要でしたので、たとえ強制わいせつ罪で逮捕されたとしても、被害者との間で示談等を成立させて告訴を取り下げてもらうことで、起訴されるのを防ぐことができました。
しかし、刑法が改正されたことで強制わいせつ罪は「非親告罪」となったため、被害者からの告訴がなかったとしても逮捕・起訴することが可能となりました。
法改正の前に強制わいせつ罪に該当する行為をしていたとしても、告訴無しで起訴するということが可能となりますので、法改正に関係なく、わいせつな行為に身に覚えのある方は、一度弁護士に相談しておくことをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
強制わいせつ罪の容疑で逮捕されお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警察中警察署 初回接見費用35,500円)

名古屋市天白区のダフ屋行為で逮捕 接見禁止の解除には弁護士

2017-12-11

名古屋市天白区のダフ屋行為で逮捕 接見禁止の解除には弁護士

40代男性のAさんは、有名アイドルグループのコンサート会場において、Aさんと仲間内の数人で「チケットをほしければ、売ってあげようか」などの声をかける、いわゆるダフ屋行為をしていました。
それを見かけた、コンサート関係者の通報により、Aさんは愛知県警察天白警察署の警察官に迷惑防止条例違反の容疑で逮捕・勾留されてしまいました。
Aさんの仲間によって、ダフ屋行為の証拠が隠されるおそれがあるとのことで、Aさんには接見禁止処分が付されてしまいました。
(フィクションです。)

~ダフ屋行為とは~

ダフ屋行為とは、コンサート会場やプロ野球の球場等の外で、入場券、観覧券等を、不特定の者に転売するために、公共の場所等で買う等の行為や、転売目的で入手した券を、公共の場所等で、道行く人に売ったり、呼び掛けて売ろうとしたりすること等のことを言います。
これらの行為は禁止されており、違反をすると、愛知県では「迷惑防止条例(正式名称:公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)」違反となります。
違反をした場合の罰則は、「50万円以下の罰金または拘留もしくは科料」に処せられますし、常習として行った場合にはさらに重く、「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」に処せられます(同条例18条)。
過去の量刑を見てみると、前科があり・常習で行っている場合だと,執行猶予3年程度、あるいは4~10月程度の実刑判決になることが多いようです。

~接見禁止処分とは~

「接見禁止処分」とは、勾留中の被疑者・被告人について、弁護士以外の者との接見(面会)や手紙等の書類の授受などを禁止することを言います。
つまり、弁護士以外とは、たとえ家族であっても接見(面会)することができないということなのです
接見禁止処分となる理由としては、面会を通じて口裏合わせなどをし、罪証隠滅や逃亡をするおそれがある場合において処分が付されています。
接見禁止処分に対する弁護活動としては、まず、被疑者に逃亡や証拠隠滅、共犯者との口裏合わせのおそれがないことを、弁護士から裁判所に対して訴えかけていき、接見禁止決定の全部または一部解除を行っていきます。
接見禁止決定の全部または一部解除を求めていくには、刑事事件に詳しい弁護士に相談・依頼をしていくことをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
ダフ屋行為の容疑で逮捕されお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警察天白警察署 初回接見費用37,400円)

名古屋市千種区の電汽車往来危険罪で逮捕 弁護活動は刑事事件専門の弁護士に

2017-12-10

名古屋市千種区の電汽車往来危険罪で逮捕 弁護活動は刑事事件専門の弁護士に

20代男性のAさんは、日頃のストレスから、鉄道の線路に設置された分岐器に握り拳大の石1個置き、鉄道の運行を乱してしまいました。
線路付近の防犯カメラの映像に、Aさんの犯行が映っていたため、Aさんは電車の往来に危険を生じさせたとして、愛知県警察千種警察署の警察官に電汽車往来危険罪の容疑で逮捕されてしまいました。
(9月27日産経ニュースを基にしたフィクションです。)

~電汽車往来危険罪とは~ 

電汽車往来危険罪とは、鉄道もしくはその標識の破壊、船舶の運航に関わる設備を破壊、またはその他の方法により、鉄道・船舶の往来の危険を生じさせる行為のことをいいます(刑法125条)。
上記事例の場合、線路への置き石する行為は、条文の中の「その他の方法」に含まれることになります。
電汽車往来危険罪の法定刑は、「2年以上の有期懲役」となっており、刑の上限は定められていないため、事故の結果如何では、非常に重い罪になりかねません。
ではなぜ、ここまで重い罰が科せられるのでしょか。
それは、列車の往来危険が生じた場合、非常に多くの人の生命、身体の安全が犠牲になる可能性が高く、このような危険な行為を故意に行った場合には、厳罰に処す必要があるからです。
置き石によって、もし列車が脱線し、死傷者が出たような場合には、「無期または死刑」という重い罰が科せられる可能性が考えられるのです。

いずれの事案においても、個別的・具体的な行為とそれによって生じる危険性を認定し、往来の危険について判断していますので、電汽車往来危険罪の容疑で逮捕されてしまった場合には、早期に弁護士に相談・依頼されることをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
電汽車往来危険罪の容疑で逮捕されお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警察千種警察署 初回接見費用35,200円)

名古屋市昭和区の未成年者喫煙禁止法違反で逮捕 不起訴処分獲得には弁護士 

2017-12-09

名古屋市昭和区の未成年者喫煙禁止法違反で逮捕 不起訴処分獲得には弁護士 

名古屋市昭和区在住の40代女性のAさんは、日頃から、18歳の娘のBさんに喫煙をすることを知りながら、加熱式たばこを買い与えていました。
ある日、最寄りのコンビニにおいてBさんが、警察官から職務質問を受けた際に、Bさんのポケットの中から加熱式たばこが発見されました。
警察官にBさんは「母親からもらい、日頃から使用していた」と話したことで、Aさんは愛知県警察昭和警察署の警察官に未成年喫煙禁止法違反の容疑で書類送検されてしまいました。
(9月25日産経ニュースを基にしたフィクションです。)

~未成年者喫煙禁止法と刑事弁護~

未成年者喫煙禁止法とは、満20歳未満の未成年者の喫煙を禁止する法律のことをいいます。
親権者には、未成年者が喫煙していた際に止める義務があるため、これに違反すると1万円以下の科料に処せられます(未成年者喫煙禁止法3条)。
「科料」という刑罰は、刑罰の中では最も軽く、金額こそ少額ではありますが、科料に処せられてしまうと「前科」が付くことには変わりません。

では「前科」を回避するためには、どうしたらよいのでしょうか。

考えられることとしては、「不起訴処分」を獲得することです。
「不起訴処分」とは、被疑者を起訴するか否かの判断権限を持つ検察官が、起訴をしないという決定をすることで、事件を終了させることをいいます。
不起訴処分を獲得するには、弁護士から検察官に対して、証拠が不十分であること、アリバイの存在、被害弁償や示談の成立、告訴の取消、被害届の取下げなどの被疑者に有利な事情を主張していくことが重要となってきます。
そのため、不起訴処分獲得のためには、捜査の初期段階から適切な弁護活動を行うことが有効的なのです。
検察庁の検察官が起訴・不起訴を決める前のなるべく早い段階で、刑事事件の得意な弁護士に依頼して、検察官に不起訴処分になるよう働きかけてもらうことをおすすめします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
前科を回避したいとお考えの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警察昭和警察署 初回接見費用36,200円)

名古屋市北区の刑事事件 脅迫罪で逮捕されたら刑事事件に強い弁護士に相談

2017-12-08

名古屋市北区の刑事事件 脅迫罪で逮捕されたら刑事事件に強い弁護士に相談

Aさんは、知人Vさんからのお中元が質素なことに怒り、携帯電話でAさんに「今住んでいる所に居られなくしてやる!」と怒鳴りつけました。
後日、Aさんは愛知県警察北警察署の警察官に脅迫の容疑で逮捕されました。
逮捕されたAさんの家族は刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(平成29年11月13日西日本新聞掲載事案を基に作成)

<< 脅迫罪 >>

脅迫罪は刑法222条に規定される犯罪です。
生命や身体、自由などに害を加える旨を告知して人を脅迫した場合には、脅迫罪が成立します。
脅迫とは、人を畏怖させるに足りる害悪の告知をいい、実際に脅迫を受けた人が畏怖した事は必要ありません。
上の事案でいえば、「今住んでいる所に居られなくしてやる」と言われれば、家という財産に対して危害を加えられるのではないかと畏怖するのが通常ですので、実際にAさんが畏怖したかどうかは関係がないということです。

また、脅迫の対象は本人とその親族です。
親族の範囲は民法の規定によるため、内縁の妻や恋人に対する害悪の告知は脅迫罪には当たりません。
そのため、「お前の親を殴るぞ」は脅迫罪にあたりますが、「お前の彼女を殴るぞ」は脅迫罪に当たらないことになります。

上の事案のAさんには脅迫罪が成立してしまう可能性が大きいといえます。
脅迫罪の法定刑は2年以下の懲役または30万円以下の罰金ですので、脅迫罪で逮捕された場合、最悪このような刑罰を受ける場合があります。
このような刑罰を避けるための手段の一つとして、被害者との示談交渉ということが考えられます。
示談交渉によって被害者に被害届を取下げてもらうことで、身柄の解放や刑罰の減軽につながる場合があります。
そのため、脅迫罪で逮捕された場合には、早い段階で示談交渉、刑事事件に強い弁護士に相談することをお勧めします。
脅迫罪の事件でお困りの方は刑事事件に強い、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。

(初回法律相談:無料)
(愛知県北警察署までの初回接見費用:36,000円)

名古屋市熱田区の強姦事件で逮捕 刑法改正に困ったら弁護士に相談

2017-12-07

名古屋市熱田区の強姦事件で逮捕 刑法改正に困ったら弁護士に相談

20代男性Aさんは、2014年に名古屋市熱田区において女性に性的暴行を加えたとして、2017年12月に愛知県警察熱田警察署の警察官に強姦罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんが強姦罪の容疑で逮捕された時点では、被害女性から告訴はされていませんでした。
(9月19日の朝日新聞DIGITALを基にしたフィクションです。)

~強姦罪と強制性交等罪~

もともと刑法改正前は、「強姦罪」は親告罪となっており、親告罪とは、被害者が捜査機関に対して告訴を行わなければ公訴を提起できない罪のことをいいます。
「強姦罪」は、被害者のプライバシー保護のため親告罪化されていました。
しかし、平成29年7月に施行された改正刑法により、「強制性交等罪」と名称が改まり、法定刑の引き上げとともに、非親告罪化されることとなりました。
非親告罪化されたということは、つまり、被害者からの告訴がなくても、加害者を逮捕・起訴することができるようなったということなのです。

ではなぜAさんの場合は、改正刑法の施行前の事件にもかかわらず、非親告罪化が適用されるのでしょうか。

改正刑法では、経過措置として、強姦罪・準強姦罪・強制わいせつ罪などの非親告罪化された罪に関して、改正刑法前に犯したものについては、告訴が取り消された場合などを除き、施行後は、告訴がなくても起訴することが可能となっています。
そのため、上記事例のAさんは、被害者からの告訴がなくても逮捕されてしまったということなのです。

法改正で強姦罪の名称は「強制性交罪」に改められて法定刑が「3年以上の有期懲役」から「5年以上の有期懲役」に引き上げられましたが、施行前の事件については、「強制性交等罪」ではなく、改正以前の「強姦罪」が適用されるため、事例のAさんは「強姦罪」の容疑で逮捕・起訴されることとなります。

刑法が一部改正され、法律の適用が状況によって変わっています。
困った時こそ、法律のプロであるに弁護士に早期に相談することをおすすめします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門で取り扱っている法律事務所です。
強姦罪または強制性交等罪逮捕されてお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県警察熱田警察署への初見接見費用:35,900円)

【三重の警察署】三重県警察松阪警察署のご紹介

2017-12-06

【三重の警察署】三重県警察松阪警察署のご紹介

今回は、三重県松阪市、多気郡明和町、多気町を管轄する三重県警察松阪警察署のご紹介をいたします。

【三重県警察松阪警察署の住所】

三重県警察松阪警察署の住所:三重県松阪市中央町366-1
三重県警察松阪警察署の電話番号:0598-53-0110
三重県警察松阪警察署への最寄り駅:近畿日本鉄道松阪駅、JR紀勢本線松阪駅
最寄駅からは徒歩11分で、以下のルートで到着します。
①近鉄松阪駅出入口2を出て南東に19 m進む
②左折して 熊野街道/国道42号線 に向かって300 m進む
③裁判所前(交差点) を右折して 熊野街道/国道42号線 に入り、240 m進む
④京町1区(交差点) を左折して130 m進む
⑤左折して26 m進む
⑥右折して170m進み、前方左側
三重県警察松阪警察署の詳細な行き方は三重県警察松阪警察署のHP参照
(https://www.police.pref.mie.jp/police_station/ps_matusaka.html)

【三重県警察松阪警察署の管轄】

三重県警察松阪警察署の管轄は、三重県松阪市、多気郡明和町、多気町です。
三重県警察松阪警察署の管轄検察庁・裁判所:津地方検察庁松阪支部・松阪区検察庁、津地方裁判所松阪支部・松阪簡易裁判所

【三重県警察松阪警察署の特徴】

三重県警察松阪警察署の管轄である松阪市は、面積623.66平方キロメートル、世帯数72,455世帯、人口166,577人、多気郡多気町の面積は103.06平方キロメートル、世帯数は5,646世帯、人口は14,984人、多気郡明和町の面積は、41.04平方キロメートル、世帯数8,800世帯、人口23,162人です。
三重県警察松阪警察署管内の平成28年中の刑法犯の認知件数は、前年同期に比べ7.2%減少し、交通事故の発生件数は、人身事故件数が減少し、死者数、負傷者数も減少しているそうです。
(三重県警察松阪警察署HPより引用)

三重県警察松阪警察署の弊所の最寄りの支部は、名古屋市中村区にある弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋支部です。

【三重の警察署】三重県警察津南警察署のご紹介

2017-12-05

【三重の警察署】三重県警察津南警察署のご紹介

今回は、三重県津市を管轄する三重県警察津南警察署のご紹介をいたします。

【三重県警察津南警察署の住所】
三重県警察津警察署の住所:三重県津市久居明神町2501番地1
三重県警察津警察署の電話番号: 059-254-0110
三重県警察津南警察署への最寄り駅: 近鉄名古屋線久居駅
最寄駅からは徒歩20分で、以下のルートで到着します。
①北に180 m進む
②右折して県道776号線に入り、450 m進む
③左折して国道165号線に入り、900 m進む
④明神(交差点) を右折して200 m進む
⑤県道55号線 との交差点で左折して82 m進み、前方左側
三重県警察津南警察署の詳細な行き方は三重県警察津南警察署のHP参照
(https://www.police.pref.mie.jp/police_station/ps_tsu_s.html)

【三重県警察津南警察署の管轄】
三重県警察津南警察署の管轄は、三重県津市のうち旧津市の南部、旧久居市、旧一志郡の一部です。
三重県警察津南警察署の管轄検察庁・裁判所:津地方検察庁・津区検察庁、津地方裁判所・津簡易裁判所

【三重県警察津南警察署の特徴】
三重県警察津南警察署の管轄する区域は、東は伊勢湾岸の香良洲駐在所から、西は奈良県と接する美杉町内の太郎生駐在所まで車でおよそ2時間を要する細長い管内です。
管轄区域は、面積450.60平方キロメートル、世帯数44,697世帯、人口101,043人です。
三重県警察津南警察署では、伊勢志摩サミットの開催を契機として、テロ対策の恒常的な推進を目的に、官民一体の日本型テロ対策の枠組みとして「テロ対策津南パートナーシップ」を平成28年1月に設立し、地域密着型のテロ対策を推進しています。
 伊勢志摩サミット終了後も「テロを許さない社会・地域づくり」をめざし、テロ対策合同訓練や研修会を開催するなどして、参加機関の皆様、地域住民の皆様と一緒に官民一体のテロ対策を進めていきます。
(三重県警察津南警察署HPより引用)

三重県警察津南警察署の弊所の最寄りの支部は、名古屋市中村区にある弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋支部です。

【三重の警察署】三重県警察津警察署のご紹介

2017-12-04

【三重の警察署】三重県警察津警察署のご紹介

 

今回は、三重県津市を管轄する三重県警察津警察署のご紹介をいたします。

【三重県警察津警察署の住所】
三重県警察津警察署の住所:三重県津市丸之内22番1号
三重県警察津警察署の電話番号:059-213-0110

? 三重県警察津警察署への最寄り駅:近鉄名古屋線津新町
最寄駅からは徒歩12分で以下のルートで到着します。
①北西に進んで伊賀街道/国道163号線に向かって75 m進む
②右折して伊賀街道/国道163号線に入り、270 m進む
③左折して旧伊賀街道に入り、200 m進む
④右折して270 m進む
⑤左折して84 m進む
⑥右折して100m進み、前方右側

三重県津警察署詳細な行き方は三重県警察津警察署のHP参照
(https://www.police.pref.mie.jp/police_station/ps_tsu.html)

【三重県警察津警察署の管轄】
三重県警察津警察署の管轄は、三重県津市のうち津南署管内を除く地域です。
三重県警察津警察署の管轄検察庁・裁判所:津地方検察庁・津区検察庁、津地方裁判所・津簡易裁判所

【三重県警察津警察署の特徴】
三重県警察津警察署の管轄する区域は、三重県津市から三重県警察津南警察署の管轄区域を除いた地域である、旧津市の一部及び旧安芸郡地域です。
管轄区域は面積260.48平方キロメートル、世帯数は86,027世帯、人口は181,706人です。
三重県警察津警察署は、息子を騙るオレオレ詐欺の不審電話や多発している窃盗(自転車盗)事件について注意を呼び掛けています。
(三重県警察津警察署HPより引用)

三重県警察津警察署の弊所の最寄りの支部は、名古屋市中村区にある弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所名古屋支部です。

« Older Entries