愛知の大垣市の少年事件 少年事件に強い弁護士の弁護活動

2014-08-15

愛知の大垣市の少年事件 少年事件に強い弁護士の弁護活動

岐阜県大垣市在住のAくん(17歳)は、大垣市の路上ですれ違ったVさんと口論になり、頭にきたAくんはVさんの腹部を数回蹴りました。
Aくんは、後日、岐阜県警大垣警察署に逮捕されました。
Aさんのご家族が、弁護士事務所無料法律相談に来ました。

Aさんのご家族はA君の早い釈放を希望しています(フィクションです)。

少年事件の弁護活動
少年事件に特化した愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、以下のような弁護活動を行います。

冤罪・誤認逮捕防止と更生に向けた活動
少年事件で逮捕された未成年者の方は、本人の性格、不安や諦めの気持ち、友人・知人を庇うなど様々な原因から自分の主張を貫くことが困難になります。
また、突然の逮捕に動揺し真実でないことを認めてしまうおそれもあります。
弁護士が、逮捕された少年少女の方と接見(面会)して言い分を丁寧に聞き取ってあげることで、事件の詳細を把握し、未成年者本人の主張が通るように警察・検察などの捜査機関や家庭裁判所に働きかけていきます。
また、弁護士との接見(面会)によって未成年者の方を安心させ、支えてあげることで、未成年者の虚偽の自白を防いで真の更生につなげることが可能になります。

留置場・少年鑑別所から出るための活動
少年事件で警察に逮捕されてしまった未成年者の方を留置場や少年鑑別所から出す(釈放させる)ためには、少年事件・少年犯罪に強い弁護士を通じて、勾留決定や観護措置決定を阻止・回避するよう検察や家庭裁判所に働きかけてもらう必要があります。
また、家族のお葬式、入学試験や定期試験といった重要な行事に出席する必要があるなどの場合は、弁護士を通じて観護措置決定の取り消しを家庭裁判所に申し入れることで、少年鑑別所からの一時帰宅を実現できる場合があります。
少年事件では、弁護士が事案に応じた柔軟な対応をすることで、身体拘束からの解放を実現する可能性を高めることができるのです。

少年事件逮捕されたら少年事件に特化した愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。