愛知県瀬戸市の性犯罪 児童ポルノで逮捕

2014-08-30

愛知県瀬戸市の性犯罪 児童ポルノで逮捕

三重県四日市市在住の会社員Aさんは、インターネットの交流サイトで知り合った愛知県瀬戸市在住の女子高生Vさん(16歳)に対し、裸の画像を撮影させ、Aさんの携帯に送らせました。
Aさんは、犯行当時、Vさんが18歳未満と知っていました。
Vさんは怖くなり、両親と共に愛知県警瀬戸警察署に相談に訪れました。
Vさんからの相談を受けた愛知県警瀬戸警察署は、「児童買春・ボルノ禁止法違反(製造)」容疑でAさんに出頭要請をかけました。
不安になったAさんは、出頭前に弁護士事務所に相談に来ました(フィクションです)。

Aさんとよく似た事件が宮城県内で発生しました。
宮城県警遠田署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで会社員の男を逮捕したと発表しました。

児童買春・ポルノ禁止法は、Aさんのように児童(18歳未満)に淫らな姿態をとらせて写真や画像を作成する製造行為も処罰しています。

~捜査の開始~
警察の捜査は、以下のような場合に開始されます。
被害届が提出される
被害届とは、犯罪の被害に遭われた方が、被害の事実等を捜査機関に申告する届出をいいます。
告訴、告発がなされる
告訴とは、犯罪の被害者その他告訴権を有する者(被害者の配偶者や法定代理人など)が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告して犯人の処罰を求める意思表示をすることをいいます。
告発とは、犯人又は告訴賢者以外の第三者が、捜査機関に対し、犯罪事実を申告して犯人の処罰を求める意思表示をすることをいいます。
通報される
Aさんのケースのように被害者が警察に相談すること等です。
職務質問を受ける
警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から何らかの犯罪を犯し、又は犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者を停止させて質問することができます。
これを職務質問と言います。
薬物事件の場合は、職務質問の際に行われる所持品検査で薬物所持が発覚し、現行犯逮捕されるケースが多いです。
被害届や告訴・告発、通報、職務質問などを契機に捜査が開始されると、警察から取調べのための出頭要請を受けたりします。
その場合は、Aさんのように出頭前に、弁護士から法的アドバイスを受けることが非常に大切です。

児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で警察から出頭要請を受けたら、ぜひ一度、出頭前に刑事事件専門の愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所までご相談下さい。