名古屋の風俗事件 強制わいせつ罪で逮捕

2014-04-28

強制わいせつ罪で逮捕されたら

 

名古屋市中村区在住の会社員Aさんが、名古屋市中区錦3丁目の風俗店で、嫌がるお店の女性に対して無理やりキスをしたとして逮捕されました。

逮捕とは、逃亡や証拠隠滅を防ぐ目的で、容疑者(犯人)の身体を警察署内の留置場などに一定の時間拘束することをいいます。 Aさんが強制わいせつ罪で警察官に逮捕されたことにより、逮捕から72時間拘束され、その間は警察署から出られなくなります。逮捕から48時間以内に検察庁に送致されますが、その間は警察官による取調べが1~2回ほどあります。検察庁に送致された後は、24時間以内に検察官による勾留請求、裁判官による勾留決定があります。裁判官による勾留決定がなされると、10日~20日という長期の拘束がなされ、さらに警察署に勾留されることになります。 強制わいせつ罪で逮捕されたAさんは会社を休まなければいけなくなります。裁判官による勾留がなされるとさらに会社を休まなければいけなくなり会社を解雇されてしまうおそれもあります。 そうなる前に、留置場から出る(釈放される)ことが大切です。

強制わいせつ罪逮捕され留置場から出るためにはまずは、信頼できる弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。 愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所の弁護士はあなたの味方です。取調べに対応できるよう弁護士からアドバイスを受けましょう。そして、早く警察署から出られるよう力になってもらいましょう。