岐阜の交通事故・交通違反事件 無免許運転で逮捕されたくない

2014-06-23

岐阜の交通事故・交通違反事件 無免許運転で逮捕されたくない

岐阜県岐阜市在住のAさんは、免停中にも関わらず、無免許運転中に自転車と接触事故を起こしました。
Aさんは後日、警察に呼ばれています。
自分は逮捕されないか不安でたまりません。
Aさんが弁護士事務所に相談に来ました(フィクションです)。

無免許運転で逮捕されたくない
交通事故・交通違反事件の場合、被害者がいる人身事故や死亡事故などは事前に被害者と示談をすることで事件化や逮捕を防げる可能性があります。
示談とは、被害者に対して相応の弁償金を支払った上で、「これで事件を解決する」と当事者間で約束することをいいます。
また、事情によっては、警察に自首・任意出頭することによって逮捕を回避したり、刑罰を軽くすることが可能です。

無免許運転の罪で警察署に出頭したら逮捕される?
無免許運転などの交通違反・交通事故事件で警察署へ自首、任意出頭や任意同行をしたら、そのまま逮捕されてしまうのではないかと不安に思うかもしれません。
しかし、必ずしも逮捕されるとは限りません。
ただ、警察が既に逮捕状を準備しており逮捕を予定して任意同行・出頭を求める場合や、出頭後の取り調べにおいて容疑が濃厚になったとして逮捕に至る場合もあります。

警察署・検察庁の呼び出しを拒否すると逮捕される?
連絡もせずに交通違反・交通事故に関する出頭要請を拒否し続けると、逮捕される場合があります。
交通違反・交通事故の逮捕は、容疑者が逃亡や証拠隠滅行為をする危険がある場合に認められるのですが、出頭要請を拒否し続けると、警察が逃亡や証拠隠滅行為の危険があると判断する可能性が高まるからです。
しかし、出頭できない正当な理由(遠方にいて当日に警察署に出頭するのが困難であるとか、体調や仕事の関係で1日中取り調べを受けることができないなど)があれば、警察にその旨を話して、出頭を別の日時に調整してもうことができる場合もあります。

いずれの場合も、事前に対応方法を交通違反・交通事故に詳しい弁護士に相談しておくことが望ましいでしょう。

無免許運転を起こして逮捕されたくない時は、交通事故・交通違反事件に詳しい愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所にご相談ください。