名古屋の強姦事件を秘密にしたい

2014-05-10

強姦事件を起こしたことを秘密にしたい

名古屋市中区在住の会社役員Aさんが、岐阜市在住の女性Bさんを強姦しました。
Aさんは強姦事件のことが会社にバレたり、マスコミ報道などにより世間に知れ渡るのを心配しています。そこで、Aさんは、事件のことが知れ渡らないための弁護活動にはどのようなものがあるのか弁護士事務所に相談に来ました。

Aさんが強姦事件で逮捕勾留されたりすると、事件のことが職場に知られてしまう可能性が出てきます。
刑事事件の多くでは、刑罰という法律的な制裁の他に、職場や学校における懲戒処分、解雇・退学などの社会的な制裁を受ける事態が発生するのです。
また、事件を起こした当人だけでなく、その周りの人、特に家族にも社会的な制裁が及ぶ場合も出てきます。
このような社会生活上の不利益を回避するためには、事前に刑事事件に強い弁護士による迅速で的確な弁護活動が不可欠になります。

愛知名古屋弁護士ノリタケ法律事務所では、事件を起こしてしまっても、捜査機関やマスコミが動き出す前に弁護活動を行うことで、容疑者・犯人とされた人が、職場や学校の懲戒処分、解雇、退学などの事実上の不利益を回避して早期に社会復帰できるよう尽力します。

では、具体的に、強姦事件を起こしてしまっても事件が会社や世間に知れ渡らないよう事前に行う弁護活動を詳しく見ていきましょう。

次回に続きます。